« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

カッチョ・エ・ペペ

P1000808a
パルミジャーノ・レッジャーノと黒コショウでカッチョ・エ・ペペを作ってみました。「カッチョ」はチーズ、「ペペ」はコショウのことです。味付けは、バターと、ゆで汁に入れた塩のみ。非常にシンプルなスパゲティです。パスタは、マルタリアーティ(Maltagliati)の1.4mmを使ってみました。

*材料(2皿分)
バター 40g
黒コショウ 小さじ1杯
パルミジャーノ・レッジャーノ(なかったらパルメザンチーズ) 大さじ4杯

*レシピ
1.バターをフライパンで溶かし、挽いた黒コショウを加える。
2.ゆで汁を加えて乳化させ、ゆであがったパスタを加える。
3.全体にバターが絡んだところで、火を止めてチーズを振りかける。
4.余熱で全体がなじんだら、できあがり。


初めて作ったカッチョ・エ・ペペですが、なかなかおいしくできました(^-^)。黒コショウを粉砕するところが面倒だったので、コショウ挽きで挽いて、バターを溶かしたフライパンに振りかけました(^-^;)。

パスタとバターを和えた後にチーズを加えるのか、バターとチーズを混ぜてからパスタを加えるのか、レシピごとに少し違うようですね。

今回のレシピは、トマバジさんからお借りしました。
http://tomato-and-basil.com/recipe/142.html

シンプルだからこそ、いろんなところに気を遣いたい一品ですね。これに、カリカリに炒めたベーコンと溶き卵を加えれば、簡易カルボナーラにもなります(^-^;)。

(訂正)
黒胡椒の量を変更しました。
たくさん加えすぎないようにしてください。(2006/06/07)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/28

春野菜のマカロニサラダ

P1000798a
菜の花、絹さや、タラの芽、三つ葉、ベーコン、卵、タマネギでマカロニサラダを作ってみました。かなり手間がかかりましたが、見栄えが全然よくありません。(>_<) ちょっと悲しい…。パスタは、ディチェコのペンネを使いました。

*材料(2皿分)
菜の花 1束
絹さや 1盛り
タラの芽 1パック
三つ葉 少々(オプション)
ベーコン 50g
卵 3個
マヨネーズ 大さじ3
オリーブオイル 大さじ1
バルサミコ酢 小さじ1
タマネギのみじん切り 大さじ1
粗挽きマスタード 大さじ1/2程度
塩こしょう 少々
ペンネ 100g

*レシピ
1.菜の花、絹さや、タラの芽は適当に塩ゆでする。ゆですぎないのがコツ。三つ葉はさっと湯通しする程度で。
2.ベーコンは1cm幅に切って、カリカリになるまで炒める。
3.卵1個は沸騰したお湯で5,6分ゆでて半熟のまま取り出し、半分に切る。残りの2個はさらに数分ゆでて固ゆでにし、みじん切りにする。
4.みじん切りにした卵、タマネギのみじん切り、マヨネーズ、オリーブオイル、バルサミコ酢、粗挽きマスタード、塩こしょうを混ぜておく。
5.パスタをゆでて、ざるに揚げて水気を切る。あら熱がとれたら、サラダボウルに入れてオリーブオイルを少しまぶしておく。
6.1.と4.と5.をよく混ぜて、盛りつける。半分に切った半熟卵と、カリカリに炒めたベーコンを上に乗せる。

もとのレシピでは、アスパラガス、スナップエンドウ、生ハムを使っています。そっちの方がおいしいような気がしますが(^^;、でも、こちらの方が春らしいと思います。ただ、タラの芽をゆでて、他の春野菜と混ぜ、さらにはマヨネーズを使った味付けにしてしまうなんて、ちょっともったいなさすぎますね(^-^;;

もっとおいしく作りたいときは、日本パスタ協会のページからどうぞ。
http://www.pasta.or.jp/recipe/recipe.php?recipe_id=3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

トマトソースのフジッリ

P1000791a
ベーコン、シメジ、ピーマン、ニンニクで定番のトマトソースを作ってみました。パスタはフジッリ(フスィリ)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

イワシとショウガのスパゲティ

P1000783a
夜、スーパーに行ってみたら、イワシが安かったので、鰯、ショウガ、ネギでオイル系のスパゲティを作ってみました。味付けは、白ワイン、塩こしょう、醤油です。パスタは、ディチェコの1.6mmを使ってみました。

*材料(2皿分)
開いたイワシ 数尾
ショウガ 1/2かけ程度
万能ネギ 数本

*レシピ
1.開いたイワシから大きな骨があれば、あらかじめ取り去っておき、一口大の大きさに切る。
2.みじん切りまたは千切りのショウガをオリーブオイルで炒め、香りがオイルに移ったら、イワシを加える。
3.白ワイン少々を加え、塩こしょうをふって味を調える。
4.パスタのゆで汁を1/4カップくらい加えて、中火で熱し、全体を乳化させる。
5.ゆであがったパスタに4.を振りかけて、小口切りにしたネギを散らす。

もっとおいしく作りたいときは、Yahoo!グルメからどうぞ。
Yahoo!グルメ - イワシとしょうがのパスタ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

エビと卵のエスニック風スパゲティ

P1000771a
ナンプラーを使ったスパゲティです。エスニックが苦手な人は、避けてください(^^;

冷凍むきえび、卵、長ネギ、三つ葉でエスニック風スパゲティを作ってみました。味付けは、ナンプラー、塩こしょうです。パスタは、バリラの1.4mmを使ってみました。

*材料(2皿分)
冷凍むきえび 100gくらい
卵 2個
長ネギ 1/2本
三つ葉 1/2束

*レシピ
1.卵を溶いて、塩こしょうを少々加える。
2.オイルを熱して、卵を半熟まで焼き上げたら、皿に取り分ける。
3.オイルをつぎ足し、解凍した冷凍むきえびと長ネギを炒める。ナンプラー少々と酒少々を加える。
4.ゆであがったパスタを加えて、和える。
5.皿に盛りつけた後、三つ葉を散らす。

ナンプラーは、魚介類との相性がいいらしいので、これからも使ってみたいのですが、実際にはどんな魚と合うのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

簡単ミートソース

P1000762a
牛挽肉、シイタケ、小松菜、ニンニク、粗くつぶしたトマトで、簡単ミートソースを作ってみました。味付けは、赤ワイン、塩コショウ、粉末コンソメ、ナツメグなどです。パスタは、セタロの1.7mmを使ってみました。

作ろうと思っていたパスタの材料が足らなかったので、急遽、このパスタを作ってみました。小松菜は余っていたものです。輪切り唐辛子を入れた方がよかったかもしれませんね。

味の方は、簡単ミートソースにしては、まあ合格点でした。(^-^) セタロは、なかなかゆであがらなくて、9分強ゆでました。歯ごたえは、さすがセタロですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/19

豚肉とトマトのソーススパゲティ

P1000750a
豚肉、トマト、ナス、ニンニクの芽、シメジ、ニンニクでソーススパゲティを作ってみました。味付けは、塩コショウ、濃厚ソース、白ワインです。パスタは、ジュゼッペコッコ(Giuseppe Cocco)の1.7mmを使ってみました。

濃厚ソースは、パスタのゆで汁、またはお湯で伸ばします。フライパンにある程度水気が残っているような感じで仕上げるといいでしょう。今回は、味のバランスがよくて、とてもおいしくできました(^-^)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

キノコと挽肉と小松菜のスパゲティ

P1000743a
マイタケ、シイタケ、シメジ、鶏挽肉、小松菜、ニンニクでオイル系のスパゲティを作ってみました。味付けは、塩こしょう、粉末コンソメ、白ワインです。パスタは、バリラの1.4mmを使ってみました。

おいしく作るコツの1つはねゆであがったパスタをフライパンに投入する前に、ゆで汁を加えて加熱し、オイルを乳化させておくことです。パスタに味が絡みやすくなります。ただ、私自身は、まだゆで汁をどのくらい入れればいいのか、適切な分量をまだマスターしていません。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

ドライトマトとオイルサーディンのスパゲティ

P1000735a
ドライトマト、オイルサーディン、ニンニクでオイル系のスパゲティを作ってみました。調味料は、醤油です。パスタは、バリラの1.4mmを使ってみました。

*材料(2皿分)
ドライトマト 数片
オイルサーディン 1缶
ニンニク 1かけ

*レシピ
1.みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで炒める。
2.輪切り唐辛子、細切りにしたドライトマト、オイルサーディンを加えて炒める。
3.醤油を少々加えて、味を調える。
4.パスタのゆで汁を少し加えて、全体を乳化させる。
5.ゆであがったパスタを加えて、ざっと和える。

レシピはYahoo!グルメからどうぞ。
http://gourmet.yahoo.co.jp/seturl?mid=western&small=0102009&id=C000205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

イワシのトマトソーススパゲティ

P1000721a

イワシの缶詰(レモンスープ味)、タマネギでトマトソーススパゲティを作ってみました。調味料は、特に使っていません。パスタは、Voiellaのリングイーネを使ってみました。

*材料(2皿分)
イワシの缶詰(レモンスープ味) 1缶
粗くつぶしたトマト 1/2パック
タマネギ 小1個

*レシピ
1.薄切りにしたタマネギをオリーブオイルで炒める。
2.イワシの缶詰を汁ごと加え、フライパンの上で崩す。
3.粗くつぶしたトマトを加え、5分程度煮詰める。好みに応じて、塩コショウを加える。
4.ゆであがったパスタと和える。

パスタをゆでたときの塩味と、イワシの缶詰の味で、塩コショウはほとんど必要ないほど、おいしくできました。(^-^)

レシピは、Yahoo!グルメからどうぞ。
http://gourmet.yahoo.co.jp/seturl?mid=western&small=0102009&id=Y000750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

ナスとベーコンとキノコのトマトソース

P1000712a
ナス、ベーコン、シイタケ、ブラウンマッシュルーム、ニンニクでトマトソースのスパゲティを作ってみました。調味料は、白ワイン、塩(パスタをゆでるときに使う)、輪切り唐辛子です。パスタは、バリラの1.4mmを使ってみました。

見てわかるとおり、今回はパスタをソースに和えてから皿に盛りつけるのではなく、ゆであがったパスタを皿に盛りつけて、その上にソースをかけてみました。これは、有名なパスタ屋である「壁の穴」でトマトソースのスパゲティを食べたとき、このような形で出てきて、「これも悪くないなあ」と思ったからです。ただ、やっぱり全体を和えてから皿に盛りつけた方が、味のバランスとしてはいいかもしれません。

それから、ナスは、乱切りにして3分ほど電子レンジで加熱したので、油を吸いすぎるほど長時間炒めずに済みました。また、レシピとしては、先にキノコとベーコンを炒めておいて、いったん皿に取りよけておき、ニンニクのみじん切りと輪切り唐辛子を炒めてから、キノコ類をフライパンに戻しています。調理方法に気をつけないと、若干、油が多くなりすぎるきらいがありますが、味の方は悪くありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

ベーコンとほうれん草のクリームスパゲティ

P1000644a
ベーコン、ほうれん草、シメジ、ニンニクで生クリームを使ったスパゲティを作ってみました。調味料は、白ワイン、黒こしょうです。パスタはディチェコの1.6mmを使ってみました。

調味料として塩こしょうを使っていないのは、パスタのゆで汁用に大量の塩を使うようにしたため、パスタにちょうど良い塩味が付いているからです。ソースに塩味を付けるより、パスタに塩味を付けた方が料理がおいしくなるということは知っていたのですが、塩がもったいなくて(^^;なかなかできませんでした。「dancyu」のレシピで、塩の量がかなり多めに指定してあったので、えいやっと塩を多めに入れてパスタをゆでてみたところ、とても具合がよかったので、これからはやはりパスタのゆで汁の塩はケチらないようにしよう、と心に決めたのでした(^^;。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

小松菜のオイルスパゲティ

P1000596a
「dancyu」2006年3月号のイタリアン特集に載っていたレシピを試してみました。レシピの主は、「ラ・ルーナ・ロッサ」の八木シェフです。

スパゲティには、ディチェコの1.6mmを使ってみました。だいたい雰囲気的には成功なのですが、塩加減が失敗…。いつもは、ほとんど塩味のないお湯でゆでているので、できあがりの段階で塩を加えて味を調整していますが、それが必要ないペペロンチーノは、今までとはちょっと作り方を変えないといけないかも…。もう一度、挑戦しなくては。


*材料(1皿分)
スパゲティ(1.6mm) 100g
小松菜 1/3束
ニンニク 1かけ
輪切り唐辛子 2つまみ

*作り方
1.みじん切りにしたニンニクと輪切り唐辛子を、オリーブオイルでじっくり炒める。傾けたフライパンでしばらく弱火で温め、ニンニクに軽く火が通ったら、フライパンを平らにしてさらに火を通す。
2.色が少し濃くなってきたら、きつね色になる前に、パスタ用のゆで汁またはお湯を20ccくらい(オイルと同量)加えて、火から下ろす。
3.刻んだ小松菜を加えておく。
4.スパゲティは、塩味がよく聞いたお湯でゆでる。スープとして飲めるくらいに。
5.やや堅めにゆであがったら、フライパンに加えて、火にかける。
6.強火で加熱しながら、パスタとソースをなじませていく。必ず味見をして、塩味が不足しているのか、十分なのかを見極める。
7.フライパンの底からチリチリと音がしてきたら、水分を加える。塩味が不足していたらゆで汁、十分ならお湯を20ccほど加える。
8.さらにフライパンをあおって、箸でパスタをゆすり、ソースをなじませる。
9.水分がだいたい飛んだところでできあがり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »