« 豚バラ肉と水菜のマカロニ丼 | トップページ | 鶏とマッシュルームのクリームパスタ »

2008/11/01

パスタ料理へのスタンスを少し

いいお天気ですねえ。行楽日和ですが、今日はお仕事…weep

それはさておき、最近ちょっとパスタ作りへの考え方がまとまってきたので、今日はちょっと私のパスタ作りへのスタンスをまとめておきます。

◆私のパスタ料理のスタンス
ネットにはパスタに特化したサイト(ブログを含む)がたくさんあります。このサイトよりも前からあって、有名なサイトもあれば、後からできてもっと有名になったサイトもあります。特定のパスタのレシピを何種類も掲載したり、手に入りにくい素材を使ったレシピを美しい写真とともに紹介したり、そうかと思えば、B級グルメのようなレシピをたくさん載せたり…。

それぞれのサイトごとにいろいろなスタイルがあっていいと思いますが、私は以下のようなことを心がけて、このサイトを更新していくつもりでいます。

●最初に写真ありき
●レトルト、缶詰は基本的に使わない
●自作レシピにこだわらず、いいレシピを見つけたらどんどん使ってみる
●毎日食べられるパスタを目指す

最後の「毎日食べられるパスタ」というのが一番重要で、私にとってパスタは「ハレ」ではなく、「ケ」です。いつもご飯を食べていて、たまに気分を変えてパスタを作るのではなく、ずーーーっと毎日、一日三食、食べ続けられるようなパスタを作りたいと思っています。たとえば、いくらペペロンチーノが好きだからといって、ペペロンチーノだけだと飽きてしまうし、栄養が偏ってしまいます。だから、パスタを主食にしつつ、とにかくいろんな食材をバランスよく、しかもおいしく食べられたらいいなあと思うのです。「丼」なんて奇妙なジャンルを試してみているのも、お茶漬けのように簡単でおいしいものをパスタで実現できないかなと思ったからです。

とはいえ、まだまだ栄養の偏りは解消できてません。やはりパスタとして皿に盛ることができる範囲では、使える食材や調理方法も限られてしまうことがあり…。魚を積極的に使いたいとか、もっと野菜たくさんのパスタを作りたいとか、いろいろ希望はあるのですが…。今のところ、ブランチとして毎日食べられるくらいには、レシピの種類と質がそろってきた(=試すことができた)と思っていますが…まだまだですね。

|

« 豚バラ肉と水菜のマカロニ丼 | トップページ | 鶏とマッシュルームのクリームパスタ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豚バラ肉と水菜のマカロニ丼 | トップページ | 鶏とマッシュルームのクリームパスタ »